teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE ラッセル・アインシュタイン宣言50年

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 5月26日(木)22時52分9秒 p6f9d0d.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  安田さま

 ラッセル・アインシュタイン宣言50年記念講演会のご案内ありがとうございます。 松下
 
 

ラッセル・アインシュタイン宣言50年

 投稿者:安田和也メール  投稿日:2005年 5月26日(木)18時02分33秒 Dttji41DS45.myg.mesh.ad.jp
返信・引用
  被爆60年の今年ラッセル・アインシュタイン宣言発表から50年、核問題は依然、人類焦眉の課題です。宣言50年の今日的意義と核を考える記念講演会を催します。宣言の契機ともなったビキニ・第五福竜丸被災事件の船を保存展示する第五福竜丸平和協会主催です。7月9日(土)13時30分、神田・神保町の学士会館203です。参加費500円。講演・小沼通二・慶応大学名誉教授、世界平和アピール七人委員会事務局長。ぜひご参加ください。

http://d5f.org

 

RE RE ケインズの書名

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年 5月24日(火)23時45分58秒 i222-150-238-114.s02.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  松下さま

たしかに出版社の思惑から、邦題は原著に忠実でない場合がままあります(映画のタイトルなんかもそうですが)。ラッセルの「哲学入門」にしても、原著の表題のままでは書店で手にする人も減るかもしれません(大抵、学習の手順として、問題にあたる前に概括的な理解が必要なように思うでしょうから。もっとも「問題」といってもproblemなのですが)。ケインズの邦訳書名は、ほぼ定訳になっているようなので、あえて取り上げた次第です。
 

RE ケインズの書名

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 5月24日(火)22時24分53秒 p6f9d0d.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  サトウ様

サトウ様

コメントありがとうございます。
 My Early Beliefs は、ラッセルのことも書かれているので、昔、少しだけ読んだ
ことがあり、そのような書名だったと思いましたが、忘れたので、『初期の信条』な
どという、よくわからない(この書名では売れないでしょうね)邦訳書名にしてしま
いました。『若き日の信条』に変えさせていただきます。
 The Economic Consequences of the Peace は、『平和の経済的結果』よりも、『平
和の経済的帰結』の方がかっこいいですが、日高氏は、『平和の経済的影響』と訳され
ており、この方が内容にそくしているような気もします。しかし、やはり、実際の邦訳
書のタイトルと同じく、『平和の経済的帰結』に変えさせてもらいます。
 因みに、The Conquest of Happiness は、ラッセルの真意からいえば『幸福の獲得』
とすべきですが、9種類位ある邦訳のほとんどは『幸福論』になっています。『幸福
の獲得』では、一般受けしないのでしょうね
 

ケインズの書名

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年 5月24日(火)21時50分1秒 i222-150-238-114.s02.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  本日付け更新記事についてですが、私の知るかぎり、経済学者ケインズの著書、『My Early Beliefs』と『The Economic Consequences of the Peace』は、それぞれ『若き日の信条』と『平和の経済的帰結』と訳されています。瑣末なことですが、気が付きましたので。  

Re お礼

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 5月 5日(木)14時38分24秒 p6f9d0d.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  河本様

>>アフォリズム日記 
>三浦氏は「阿呆理詰日記」と書かれていますが、もしかしてダジャレがお好きなのでしょうか?
>そうだとしたら、私のHPのテーマは、数学・SF・ダジャレなので気が合うかも知れません。

 アフォリズムは駄洒落ではありません。

 '警句'や'格言'のたぐいは、ほとんどの場合、正反対の主張も立派に'格言'になってしまい
ます。論理学の場合は、そのようなことがないように理詰めで(記号を使って)表現しますが、
日常言語の場合は限界があります。そのことを十分認識してもらうために、一見言葉遊びととら
れるかもしれませんが、わざと正反対の言い方をしたりして、読者を刺激してみます。もちろん
言葉遊びの要素はありますが、言葉遊びだけではありません。
 
 三浦さんがなんといわれるかわかりませんが、私はそう理解しています。  松下

http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/

 

お礼

 投稿者:河本メール  投稿日:2005年 5月 5日(木)13時17分57秒 p1102-dnj49chibmi.chiba.ovcs.ocn.ne.jp
返信・引用
   松下さま
 >「ラッセルを読む会」(読書会)のメンバーに紹介し、しかるべき人に読
んでもらい、意見や質問があるならばコメントしていただくことにします。

 ありがとうございます。
 ご意見が書きこまれることを楽しみにしています。

 今、「個体」が論理学でどう扱われているのか知りたいのですが、三浦氏の掲示板にて伺ってみようと思っています。

 >アフォリズム日記 
 三浦氏は「阿呆理詰日記」と書かれていますが、もしかしてダジャレがお好きなのでしょうか?
 そうだとしたら、私のHPのテーマは、数学・SF・ダジャレなので気が合うかも知れません。 (^^)  
    
 

Re はじめまして

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 4月30日(土)09時52分32秒 p6f9d0d.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  河本さま

 書き込みありがとうございます。
 残念ながら、私は論理学を専門に勉強しておらず、「FCについての議論」をよく理解する
ことができません。「ラッセルを読む会」(読書会)のメンバーに紹介し、しかるべき人に読
んでもらい、意見や質問があるならばコメントしていただくことにします。
 それから、論理学及び「理論」哲学関係は、ラッセルのホームページの姉妹サイトである、
三浦俊彦氏のホームページの掲示板で議論されることをおすすめします。  松下
 http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/

http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/

 

はじめまして。

 投稿者:河本メール  投稿日:2005年 4月26日(火)11時17分27秒 p1097-dnj44chibmi.chiba.ovcs.ocn.ne.jp
返信・引用
   松下さま
 以前からROMしていたのですが、なかなか書き込めませんでした。
             
 >集合論
 一年ぐらい前に私のHPの「すうろん掲示板」で、科学者兼SF作家の小林泰三氏と私の集合論「FC」について議論したものを編集してここに掲載してあります。
 お時間があったらお読みください。
    http://boat.zero.ad.jp/~zbi74583/mini00.htm

 ご意見など掲示板に書き込んでくだされば幸いです。 
    http://boat.zero.ad.jp/~zbi74583/index.htm

 なお、HPの日本語の他のページは友人向けに書いていますので、分かりにくい点はご容赦ください。

 >自己紹介
 数論・グラフ理論・集合論を研究しております。
 私の得た結果に対する他の数学者の評価は数論と集合論では全く異なるので、少し不便を感じています。
 例えば数論の結果はMathWorldやScience Newsなどに取り上げられています。
    http://mathworld.wolfram.com/UnitaryAmicablePair.html
    http://www.sciencenews.org/articles/20040131/mathtrek.asp
 しかし集合論では、あまりに非標準な理論のため、マッド・サイエンティスト扱いされメーリング・リストに参加させてもらえなかったりしています。
 「ラッセルのParadox」を解消し、しかも順序数が表現可能なのですから、よい理論なのではないかと思うのですが、まったく理解者が現れません。
    
 

レビュー募集

 投稿者:増本メール  投稿日:2005年 4月15日(金)14時33分46秒 tetkyo042244.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  いきなりの割り込みでご免なさい。下記の件でお願いしたいのです。
明窓出版がひろくレビューを求めます。
明窓出版のホームページを見に来て下さる読者の方に、本の概要(300~400字)を簡潔に紹介できるようあなたの力を貸してほしいのです。
ご応募の方は、明窓出版のホームページ「書名別検索」に記載されている下記の本からお読みになりたい本を5冊まで選びご連絡下さい。無料にて本文テキストデータをまるごとメール送信します。採用された場合の報酬は本一冊あたり2.000円です。お読みになった本に関しましては、必ずレビューをお寄せ下さいますようお願いいたします。レビュー締め切りは、データ送信後1ヶ月です。
将来的には、ぶっくれびゅー作成スタッフのみでなく、新規出版物や持ち込み原稿の審査にも携わっていただくようお願いする場合もあります。          明窓出版 担当者 増本利博

http://meisou.com/review.html

 

Re ラッセル関連グッズ  

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 4月 6日(水)21時25分8秒 p291059.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  サトウ様

 ラッセル関連グッズ販売サイトのご紹介、ありがとうございます。
 何でも商売にしてしまうんですね。入手したいものも少しありますが、
ラッセルの顔が描かれたパンツはどうかと思いますが、・・・。

http://www.uncapitalized.net/archives/2005/01/red_white_and_glow/

 

ラッセル関連グッズ

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年 4月 6日(水)20時50分57秒 i222-150-238-114.s02.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  ネットサーフィンしていたら、ラッセル関連商品を見つけました。ユニークなイラストです。トレードマークのパイプをくわえていないのが少し残念。他にプラトン、デカルトなどの商品もあります。

http://www.cafepress.com/thinker_7
 

glowing blue とはこんな色

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 3月19日(土)10時03分44秒 p290d2e.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  サトウさま

 google を使って、"glowing blue"で検索したところ次のサイトに画像がのっており、glowing
blue  とはこのような色をいうんだな、ということがわかりました。」
 http://www.uncapitalized.net/archives/2005/01/red_white_and_glow/
 英和辞典では、glowing は白熱した;鮮やかな、といった意味が書かれていますが、高熱に
より「白みがかったブルー」といった感じでしょうか。どちらにしても、日本とは風土が異なる
ので、訳が多少違和感を与えるのはしょうがないことでしょうか。

http://www.uncapitalized.net/archives/2005/01/red_white_and_glow/

 

glowing blue

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年 3月18日(金)23時16分36秒 i222-150-238-114.s02.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  松下さま

私も「glowing blue」がどんな色かよくわかりませんが、下記HPが参考になるかと思います(空の色ではありませんが)。イギリスで見た夕空は雲っていたので、明るかったことしか記憶にありません。ただ、原文の前の箇所に「standing out dimly」とあるので、「鮮やかな青色」や「真っ青」ではどこかしっくりこないような気もします。それにそもそも「真っ青な夕空」というのも違和感がなくもありません。空の色は赤ではなくて青のように思われますが(blueとあるのですから)、もしかすると「glow」の意味を検討すべきかもしれません。

http://atggems.homestead.com/files/Gemstone_Pics_Sapphires-Rubies.htm
 

阿弥陀かぶり

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 3月18日(金)21時41分41秒 p290d2e.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  サトウ様

 ご教授ありがとうございます。'アミダにかぶる'という言葉は、小さい頃に何度か聞いたことが
ありますが、意味を人に聞くことも、辞書をひくこともありませんでした。
 http://www.grekisi.gsn.ed.jp/070102.htm に説明があり、納得しました。すると日高訳が
正解ということになります。日高先生の訳はあまりにも誤訳が多いので、これもまちがっているの
かと早合点してしまいました。
 やはり、「阿弥陀にかぶり」と訳し、説明しているウェブページにリンクしておくことにします。

http://www.grekisi.gsn.ed.jp/070102.htm

 

the glowing blue of the evening sky

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年 3月18日(金)21時20分28秒 i222-150-238-114.s02.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  まず、先の「wearing his hat on the back of his head」ですが、日高訳では「帽子をあみだにかぶって」とあります。こちらの方がぴったりな訳かと思いますが、「あみだ(阿弥陀)かぶり」は由緒ある言葉であるにもかかわらず、一部の帽子愛好家くらいしか知らないと思われるので(知っていたらすみません)、一番ポピュラーな「浅くかぶる」という訳をあてはめました。

「the glowing blue of the evening sky」についてですが、日高訳の「あかね色の夕焼け空」は、先入観による誤訳かと思います。私も初夏にイギリスを訪れたことがありますが、午後7時を過ぎても明るかったのを憶えています。思い切って「真っ青な夕空」なんて訳はどうでしょう。
 

RE: wearing his hat on the back of his head  

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 3月18日(金)01時18分42秒 p290d2e.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  サトウ様

 コメントありがとうございます。'浅くかぶり'に訂正させていただきました。

 野球帽をおでこをあけるようにして浅くかぶることはありますが、’浅くかぶる’といえば、
帽子を頭にチョコンとのせるだけ状態のように思え(欧米人の発想と日本人の発想と違っている
ような気もしますが、'帽子を浅くかぶる'というのが、一番あっている邦訳であるような気がし
ます。
 ところで、本日アップロードした邦訳で、
the spire standing out dimly against the glowing blue of the evening sky
 のなかの glowing blue のところがよくわかりません。おわかりであれば教えてください。
 

wearing his hat on the back of his head

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年 3月16日(水)00時37分2秒 i222-150-238-114.s02.a013.ap.plala.or.jp
返信・引用
  松下さま

15日付け更新記事の上記フレーズに対する訳に疑問符を付されていましたが、「帽子を浅くかぶり」と訳せばよいのではないでしょうか。
 

Re お聞きしたいのですが・

 投稿者:松下彰良  投稿日:2005年 1月17日(月)19時35分15秒 p290a9a.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
   バートランド・ラッセルは、性的虐待について述べることはあっても、性的虐待をレベル分け、段階分けするようなことはしていません。
 
 あなたがお探しのラッセルは、この問題のアメリカの専門家であるダイアナ・ラッセル博士(Diana Elizabeth Hamilton Russell 1938~ )だと思われます。
 次のページは、ダイアナ・ラッセルのホームページです。
 http://www.dianarussell.com/
 
 About Dr. Diana Russell
 "Professor Russell is the recognized academic expert on the empirical study of sexual violence against women in the United States and a leading authority on this subject throughout the world. None of the conceptual factual political or legal advances in understanding documenting and opposing violence against women in this country including my own work would have been possible without her ground-breaking studies and scholarly publications." (Catharine MacKinnon Ph.D. Law Professor author of Sexual Harassment of Working Women)

 ダイアナ・ラッセルに関する情報は英語のものであれば多数あります。日本語のものも少しありますので、いろいろ検索してみてください。
 
 なお、アラン・ウッドが書いたラッセルの伝記『バートランド・ラッセル-情熱の懐疑家-』は、1957年に出版されていますが、この本の「はしがき」に、執筆にあたって情報を提供してくれた一人として「ダイアナ・ラッセル」がでてきます。ただし同姓同名で無関係か、あるいはラッセルの親戚の人間(→1938年生まれのダイアナは、1957年当時19歳)として資料提供などしているかどうか、不明です。
  ★ http://russell.cool.ne.jp/BRPS-PRE.HTM ★

http://russell.cool.ne.jp/BRPS-PRE.HTM

 

お聞きしたいのですが・・・

 投稿者:kouji  投稿日:2005年 1月17日(月)18時31分36秒 ns1.class.osaka-hightech.ac.jp
返信・引用
   性的虐待について調べているのですが、その中で、ラッセルが「性的虐待が与える影響の程度を段階わけした」との記述があります。
 そのラッセルとは、B=ラッセルでいいのでしょうか。
 その本には、出身国や代表著作等が記載されていないためまったく分からないんです・・・m(=△=)m
 

レンタル掲示板
/10