teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:112/186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

[ラッセルの言葉 0008]を読んで

 投稿者:サトウ  投稿日:2005年12月 4日(日)21時28分35秒 i60-34-242-248.s02.a013.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  どの分野においても、偉くなっていくと(=ポストがあがっていくと)、相手を説得しなくても(説得する努力をしなくても)上下関係(権力)だけで自分の思ったことができるようになっていきます。そこから不幸な勘違いがおこり、世界が見えなくなり、「裸の王様」状態になりやすくなります。そのような事態に陥らないためには、権力をもっていてもできるだけ行使せず、できるだけ論理的に説得する習慣をしっかり身につけることが肝要となります。

権力の座にある人が、松下さんのような考え方ができるかどうかだと思います。正当な権力の行使(法的な意味では、たとえば、先の衆院解散など)というのはあるのでしょうが、乱用は許されてはならないと思います。ふと、アダム・スミスの「公平な観察者」を思い出しました(昔、少し齧ったので)。

蛇足ながら、寒くなってきたので、風邪をひかないようにしたいものです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:112/186 《前のページ | 次のページ》
/186